×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ポーカールールの解説、リバーの場面。

リバー −ゲームのシュミレーションー

さて、いよいよ最後の共通カード「リバー」が配られます。
ここで3回目のベッティングラウンド開始です。
ポットにはプリフロップとフロップで貯まったチップ($101)が保管されています。

ここであなたを含めたアクティブプレーヤーは、次のようにアクションを行いました。

ゲームのシュミレーション、リバーの場面(1)

=プレーヤーのアクション=
↓ プレーヤー3が「チェック
プレーヤー3は、ここではチェックを選択しました。
ターンでレイズしたあなたの様子を探っていると考えられます。
役にあまり自信が無いのかもしれません。
↓ プレーヤー5が「チェック
続くプレーヤー5もチェックしました。
きっと役にあまり自信が無い状況なのでしょう。
ここまでの2人のアクションは、あなたを恐れたアクションといえます。
↓ あなたが「ベット$45
さて、あなたに順番が回ってきました。
他のプレーヤーのアクションから判断すると、どうやらフルハウス等の強い役を作ったプレーヤーはいないようです。
この共通カードの状況ではストレートやフラッシュは存在しませんので、あなたの「スリーカード・A85のキッカー」という役は、勝てる可能性がかなり高いといえます。
あなたはポットを大きくするために、$45のベットを行いました。

ここでアクションはひと回りしましたが、まだあなたの賭け金が宙に浮いている状態ですので、このあと他の2人に2回目のアクションが回ります。
同額の賭け金が出揃うまでラウンドは終わりません。

ゲームのシュミレーション、リバーの場面(2)

=プレーヤーのアクション=
↓ プレーヤー3が「コール$45
プレーヤー3はあなたを恐れているようでしたが、どうやらこの勝負に乗ってくるようです。
きっとある程度の役は持っているのでしょう。
↓ プレーヤー5が「フォールド
続くプレーヤー5は手札を捨ててフォールドしました。
勝てる見込みが無いと判断したのでしょう。

さあこれで最後のベッティングラウンドも終了です。
次はいよいよショーダウンです。
このラウンドでは2名のプレーヤーが$45の賭け金を出し合ったので、合計$90のチップがポットへと追加されます。
これでこのゲームの最終的なポットサイズは$191となりました。

−簡単に言います!おさらいです!とりあえずこれだけ覚えればOK!−

  • アクションは「共通カードの状況」と「相手のアクション」から判断して行う。

以上!

けっこう大きめのポットが出来上がりましたね。
あなた対プレーヤー3、このポットを得るのはどっち!?

『近代ポーカー』トップページ ルールを覚える→リバー(ゲームのシュミレーション)