×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ポーカーの役、ストレートフラッシュについて。

ストレートフラッシュ

6s5s4s3s2s

ストレートフラッシュとは、同じスーツの5枚のカードがランク順に連なった役です。
ストレートフラッシュ同士がぶつかった場合は、ストレートフラッシュの構成ランクを比較して勝敗を決めます。
構成ランクが同じ場合は、引き分けです。
テキサスホールデムにおいて、同じ構成ランクのストレートフラッシュ同士がぶつかるというケースは、共通カード上でストレートフラッシュが完成したときのみ発生します。
ストレートフラッシュは5枚役なので、キッカーは存在しません。

▼Player1-winner- ▼Player2
6s5s4s3s2s8s7s6s5s4s

プレーヤー1が6〜2のストレートフラッシュに対して、プレーヤー2は8〜4です。
したがって構成ランクの高いプレーヤー1の勝ちです。

ストレートフラッシュのランクを示す際には、「○○ハイ・ストレートフラッシュ」という表現を使います。
○○には、5枚の中で最も高いランクのカードが入ります。
この例の場合、プレーヤー1は「6ハイ・ストレートフラッシュ」、プレーヤー2は「8ハイ・ストレートフラッシュ」です。
日本語の俗語として、ストレートフラッシュを「ストフラ」と略すこともあります。

ストレートフラッシュでは、AをKの上のカードとしても使えますし、2の下のカードとしても使えます。
しかしストレートと同様に、2→A→Kのようにつなげることはできません。
Aはあくまで一番上か一番下です。
Aを2の下のカードとして使う場合に限り、Aのランクは最も弱くなります。
これはストレートとストレートフラッシュにのみ起こる特殊な現象です。

▼Player1-winner- ▼Player2
AsKsQsJsTs5s4s3s2sAs

この場合、プレーヤー1がAハイストレートフラッシュ、プレーヤー2が5ハイストレートフラッシュです。
Aハイストレートフラッシュが最も強いストレートフラッシュなのに対して、5ハイストレートフラッシュは最も弱いストレートフラッシュです。
Aハイストレートフラッシュはポーカーの中で最強の役であり、別名『ロイヤルフラッシュ』または『ロイヤルストレートフラッシュ』と呼ばれています。

−簡単に言います!おさらいです!とりあえずこれだけ覚えればOK!−

  • 同じスーツのカードが、5枚ランク順に並んだ役を『ストレートフラッシュ』と呼ぶ。
  • 同役同士では、構成するカードのランクが高いほうが強い。

以上!

ストレートフラッシュはポーカーの役の中で最も貴重な役です。
ほとんどお目にかかることがないため、完成させたときは「お〜〜〜」とついつい歓声を上げたくなります。
ストレートフラッシュは、見た目の美しさにおいても全ての役の中でNo1です。

『近代ポーカー』トップページ ルールを覚える→ポーカーの役(ストレートフラッシュ)