×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テキサスホールデム、ルールの概要について。

ルールの概要と基本用語

テキサスホールデムはジョーカーを除いた52枚のトランプを使って行われます。
ポーカーでは、トランプのことを『カード』と呼びます。

ゲームに参加するプレーヤーには、それぞれ『ハンド』又は『手札』と呼ばれる2枚のカードが配られます。
その後、プレーヤー全員の見える位置に『ボード』又は『共通カード』と呼ばれる5枚のカードが配られます。
最終的にプレーヤーは自分の手札と共通カードを合わせた7枚のカードから任意の5枚を選び『』を作ります。
ポーカーの役は全部で9種類あり、それぞれの役に強さが決められています。
基本的には最も強い役を作ったプレーヤーがゲームの勝者となります。

テキサスホールデム、テーブルの様子。

ゲームは合計4回のラウンドに分かれます。
それぞれのラウンドでプレーヤーはチップを賭け合い、そこで貯まったチップは一時的に保管されます。
これらのラウンドでプレーヤーはゲームから降りることもできます。
全てのラウンドが終了するまでゲームから降りずに残ったプレーヤーは、最後に手札を開き役を見せ合うことで勝敗を決めます。
勝者は計4回のラウンドで貯まったチップ全てを獲得します。

スーツとランク

52枚のカードには、「スペード」「ダイヤ」「クラブ」「ハート」の4種類いずれかの絵柄が描かれており、それぞれの絵柄は1〜13の数字がふられた13枚のカードで構成されます。
ポーカーでは絵柄のことを『スーツ』、数字のことを『ランク』と呼びます。

カードのランクとスーツ。

ポーカーの役は、スーツとランクの組み合わせにより作られます。
<ポーカーの役の例 ツーペア>
AsAcKsKdTs

ランクを表記する際、1と10以上のランクについてはアルファベットで表記し、次のように読みます。

10=T=テン
11=J=ジャック
12=Q=クイーン
13=K=キング
1=A=エース

ランクの呼び方。

カードのランクには次のように強さが決められています。
(強) A>K>Q>J>T>9>8>7>6>5>4>3>2 (弱)
テキサスホールデムでは、Aが最も強く2が最も弱いランクとなります。
同じ役のプレーヤー同士で勝敗を決める際には、両者のカードのランクを比較します。

テキサスホールデムではカードに描かれる4種類のスーツに強弱はありません。
複数のプレーヤーが同じ役かつ同じランクで並んだ場合、その勝負は引き分けとなります。

スーツの強さは一緒。

スペード、ダイヤ、クラブ、ハートは次のように略して表記される事があります。
例 スペードのK=Ks ダイヤの8=8d クラブのA=Ac ハートの6=6h

以上、ゲームの概要です!
次のページからは、ポーカーの役を具体的に紹介します。
「ポーカーの役くらい知ってるよ!」という方も、一応軽く目を通してくださいね。
それぞれの役には、勝敗に関する細かな決まりがあるんです。

『近代ポーカー』トップページ ルールを覚える→ルールの概要と基本用語