×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テキサスホールデムのルール、プリフロップについて。

プリフロップ

さて、それでは話を戻してゲームの進行についてです。
ブラインドポジションの2人が最初の賭け金を出したあと、参加プレーヤーにそれぞれ2枚の手札が配られます。

ポーカーテーブル プリフロップ

上の図は、プレーヤー全員に手札が配られた直後の状態です。
この場面を『プリフロップ』といいます。

あなたは当然自分の手札を見る事ができますが、他のプレーヤーの手札を見ることはできません。
実際のポーカーテーブルでは、カードはテーブルに伏せて配られます。
あなたは周りのプレーヤーに見られないように、配られた手札をそっと覗いて2枚のカードのランクとスーツを確認します。
このサイトのタイトル部分に描かれている女性のように、両手で隠しながらそっとカードを覗き込みます。
オンラインポーカーでは、上の図のように自分の手札のみが開いて表示されます。

このプリフロップの時点で、1回目の『ベッティングラウンド』が行われます。
ベッティングラウンドとは、チップを賭け合う段階のことです。
略してラウンドと呼ぶこともあります。
テキサスホールデムでは、最初に手札2枚の状況で1回目のベッティングラウンドを行います。
ここであなたはチップを賭けたりゲームから降りたりする事ができます。
プレーヤー同士の賭け合いが終了したところで、ゲームは次のラウンドへと進行します。

このようなベッティングラウンドが、ゲームを通して計4回行われます。
それぞれのベッティングラウンドでプレーヤーが賭け合ったチップは、『ポット』と呼ばれる場所に一時的に保管されます。
ポットはテーブル上に作られます。
4回のベッティングラウンドを経た後に、ゲームから降りずに残ったプレーヤーは手札を開き役を見せ合います。
そこで最も強い役を提示したプレーヤーが、ゲームの勝者となります。
ゲームの勝者は、4回のベッティングラウンドでポットに貯まったチップ全てを獲得します。

−簡単に言います!おさらいです!とりあえずこれだけ覚えればOK!−

  • 2枚の手札が配られた直後の場面を『プリフロップ』と呼ぶ。
  • プリフロップではプレーヤー同士がチップを賭け合う。
  • チップを賭け合う場面のことを『ベッティングラウンド』と呼ぶ。
  • 各ベッティングラウンドで賭けられたチップは、まとめて『ポット』に保管される。

以上!

さて、いよいよ本格的にゲームが始まります。
ここから始まる4回のベッティングラウンドを通して、プレーヤー達はチップという武器を使った熾烈な戦いを繰り広げていくんです!

『近代ポーカー』トップページ ルールを覚える→プリフロップ