×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テキサスホールデムのルール、アクションについて。

アクションの種類(1)

チップを賭けたりゲームから降りたりする行為を、『アクション』と呼びます。
ポーカーには全部で5種類のアクションがあり、プレーヤーは各ベッティングラウンドで状況に合わせたアクションを選択していきます。
アクションは、スモールブラインドのプレーヤーから時計回りの順番で行います。
既にゲームから降りているプレーヤーがいる場合、そのプレーヤーをとばして次のプレーヤーにアクションが回ります。
アクションの種類をさらっと簡単に説明してみます。

簡単に言うとこんな感じです。
まぁ、これだけ読んでもわかんないですよね。
次の状況を例にあげて説明してみます。
野球の試合を観ている典子ちゃんと一郎君の会話です。

<典子> 「この試合はジャイアンツが勝ちそうだね。今日の上原は絶好調だもん。」
<一郎> 「いや、今日はドラゴンズが勝つと思うよ。」
<典子> 「それならどっちが勝つか賭けてみる?」
<一郎> 「よし、乗った!」
<典子> 「それじゃあ、私はジャイアンツに千円賭けるわ。」=ベット
<一郎> 「OK、千円ね。じゃあ俺はドラゴンズに賭けるよ。」=コール
(この会話はあくまで例え話です。日本国内で賭博行為はダメですよ!)

この会話の中で典子ちゃんはジャイアンツに千円を賭けましたが、これがポーカーで言う『ベット』です。
ベットとは、金額を決めてチップを賭ける行為です。
一方、一郎君は典子ちゃんの賭け金に乗ることにしましたが、これがポーカーで言う『コール』です。
コールとは、誰かが賭けた金額に乗って同額を賭ける行為です。

−簡単に言います!おさらいです!とりあえずこれだけ覚えればOK!−

  • チップを賭けたりゲームから降りたりする行為を『アクション』と呼ぶ。
  • アクションは、スモールブラインドのプレーヤーから時計回りの順番で行う。
  • チップを賭けるアクションを『ベット』と呼ぶ。
  • ベットに乗って同額を賭けるアクションを『コール』と呼ぶ。

以上!

アクションはポーカーのルールの中でとても重要な要素です。
最初は分りにくいかもしれませんが、しっかりと把握しておきましょう!
次のページでは、引き続き2人の会話を例にとり、レイズ、フォールド、チェックについて説明していきます。

『近代ポーカー』トップページ ルールを覚える→アクションの種類(1)