×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ポーカーの役、フラッシュについて。

フラッシュ

KhJhTh6h5h

フラッシュとは、5枚全てが同じスーツで揃えられた役です。
フラッシュ同士がぶつかった場合には、フラッシュを構成するカードのランクを比較して勝敗を決めます。
その際にはハイカードと同じように、上のランクから順番に比較していきます。
役を構成する5枚のカードが全て同じランクの場合は、引き分けとなります。
テキサスホールデムにおいて、同じ構成ランクのフラッシュ同士がぶつかるというケースは、共通カード上でフラッシュが完成したときのみ発生します。
フラッシュは5枚役なので、キッカーは存在しません。
スーツの種類に強弱はありません。

▼Player1 ▼Player2-winner-
KhJhTh6h5hAhQhTh6h5h

プレーヤー1のフラッシュの中で最も高いランクのカードはK、プレーヤー2のカードの中ではAです。
したがってこの勝負はプレーヤー2の勝ちです。

▼Player1-winner- ▼Player2
KhJhTh6h5hKhJh6h5h4h

この場合、ランクを上から順番に比較するとK→Jまでは同ランクです。
3番目ランクのカードを比較すると、プレーヤー1がTに対して、プレーヤー2は6です。
したがってこの勝負はプレーヤー1の勝ちです。

フラッシュの役名をランクに応じて言い分ける場合は、「○○ハイ・フラッシュ」という表現を使います。
○○には、5枚の中で最も高いランクのカードが入ります。
上の例では二人とも「Kハイ・フラッシュ」です。
より詳細に示す場合は、5枚を高いランクから順番に読み上げて「KJT65のフラッシュ」のように表します。

−簡単に言います!おさらいです!とりあえずこれだけ覚えればOK!−

  • 同じスーツが5枚揃った役を『フラッシュ』と呼ぶ。
  • フラッシュ同士では、構成ランクの高いほうが強い。

以上!

ストレートよりも強いフラッシュですが、私は個人的にあまり好きではありません。
嫌な思い出がいっぱいあるんですよ!
もちろん個人的な思い出だけが理由ではなく、戦略的な意味でもフラッシュの利益率には疑問を感じています。
しかし私とは逆に、フラッシュの好きなポーカープレーヤーはたくさんいるようです。

『近代ポーカー』トップページ ルールを覚える→ポーカーの役(フラッシュ)