×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ポーカーの役、ワンペアについて。

ワンペア

KdKcQs8c5s

ワンペアとは、5枚のカードの中に同じランクのペアが一組ある役です。
ハイカードを除くと最も弱い役ですが、テキサスホールデムでは最も勝利役となるケースの多い役です。
ワンペア同士がぶつかった場合は、ペアのランクを比較します。

▼Player1-winner- ▼Player2
KdKcQs8c5s8c8dAdQs5s

この例ではプレーヤー1のペアがK、プレーヤー2のペアは8です。
したがってこの勝負はプレーヤー1の勝ちです。

同じランクのペア同士がぶつかった場合には、残りのカードのランクを高いほうから順番に比較します。
比べ方はハイカードと同じです。

▼Player1 ▼Player2-winner-
KdKcQs6h5sKhKcAd6h5s

この例では両者ともKのワンペアを持っているので、ペア以外のカードを比較して勝敗を決めます。
プレーヤー1が「Q・6・5」を持っているのに対して、プレーヤー2は「A・6・5」です。
したがってこの勝負はプレーヤー2の勝ちです。

このような役の条件に関係ないカードを「キッカー」と呼びます。
ワンペアのように、役の構成枚数が5枚に満たない役にはキッカーが必ず存在します。
役および役のランクで決着がつかない場合は、キッカーのランクを比較して勝敗を決めます。
キッカーまで全て同じランクの場合は、引き分けとなります。

テキサスホールデムでは、ワンペア同士の争いが頻繁に起こる為、ペアのランクとキッカーのランクは勝敗を分ける重要な鍵となります。

ワンペアの役名をランクに応じて言い分ける場合は、「○○のワンペア」という表現を使います。
上の例では両者とも「K(キング)のワンペア」です。
より詳細に示す場合は、「Kのワンペア、Q(クイーン)65のキッカー」といったように、キッカーまで読み上げます。
役のランクだけでは勝負がつかない時に、このような詳細な表現方法が使われます。

−簡単に言います!おさらいです!とりあえずこれだけ覚えればOK!−

  • 同じランクのペアが一組ある役を『ワンペア』と呼ぶ。
  • 役の条件に関係ないカードを『キッカー』と呼ぶ。
  • ワンペア同士では、ペアのランクが高いほうが強い。
  • ペアが同ランクの場合、キッカーのランクが高いほうが強い。

以上!

ノーリミットのテキサスホールデムでは、ワンペアで勝負が決まるケースがゲームの半分以上を占めます。
特にAやKといった高いランクのワンペアで勝負がつくケースが多く、同ランクのペア同士がぶつかることも多々あります。

『近代ポーカー』トップページ ルールを覚える→ポーカーの役(ワンペア)