×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オンラインポーカーの違法性について。

違法?合法?オンラインポーカー

現在世界には数百万人に上るオンラインポーカーの利用者がいると言われています。
近年のポーカーブームに乗り、ここ数年でオンラインポーカールームは飛躍的に増えてきました。

しかし日本のように賭博が違法とされている国からからアクセスし、リアルマネーのチップを購入してプレーすることは違法にならないのでしょうか?
これはオンラインポーカーだけではなく、他のオンラインギャンブルにおいても議論されている問題です。

現在の日本の法律では、日本国内での賭博行為を禁止する条文が明記されています。
「日本で賭け事をしたら、罪になる。」これは誰もが知っていることでしょう。
しかしその一方、賭博行為は賭け合う共犯者が居ないことには成立しないため、共犯者の居ない賭博行為は容疑を立証する事ができません。
オンラインポーカーの場合、賭け合う相手は世界中からアクセスしている不特定のプレーヤーです。
また賭場を提供しているオンラインポーカールームは日本国外のサーバにあり、それぞれの国の認可を受けて合法的に営業しています。
これらのプレーヤーやポーカールームを日本国内で共犯者として裁くことは不可能なため、現在の法律ではオンラインポーカーを違法と断定する事ができません。

これは「国内の賭博行為が違法である一方、国内からアクセスするオンラインギャンブルは違法と断定できない。」という矛盾した状況と言えます。
このような状況が発生した理由は、インターネットという情報伝達手段が無かった時代に作られた法律が、改訂されぬまま現在に至っているためと考えられます。
このような事情により、日本には数十万人に上るオンラインギャンブルの利用者が居ると言われていますが、現在までに逮捕起訴されたケースはありません。

これらのことから判断すると、今後オンラインギャンブルに関する新しい法律が施行されない限り、オンラインポーカーをプレーすることで手が後ろに回ることは無さそうです。
(もちろん最終的には各人の責任で判断してください。)

オンラインポーカーにはリアルマネーのテーブルだけではなく、金銭を賭けないフリーマネーのテーブルもあります。
フリーマネーの利用においては、このような複雑な解釈をせずとも合法的にポーカーをプレーする事ができます。

『近代ポーカー』トップページ テキサスホールデム→違法?合法?オンラインポーカー